胆石症

944件

胆汁は食事で摂取した脂肪分やビタミンの消化・吸収を助ける黄褐色の消化液で、肝臓で1日に700ml~1l作られています。この胆汁が通る道を胆道と呼びますが、胆道は肝内胆管、肝外胆管、そして胆嚢に分けられます(図17)。胆汁は肝臓のなかの胆管(肝内胆管)を通って肝臓の外に出て、肝外胆管の途中にある胆嚢管(肝外胆管と胆嚢を結ぶ管)を通って胆嚢に貯められます。...

(1)胆嚢結石胆嚢に結石があっても多くの場合は無症状で、症状が出るのは胆嚢結石のある方の20%程度といわれています。上腹部の違和感や腹部膨満感など、胃や腸の症状と区別が難しい症状を訴えることが多いのですが、胆嚢結石に特徴的な症状は胆石疝痛と呼ばれる腹痛です。これは脂肪分の多い食物をとったあとに起きる上腹部、とくに右季肋部(右の肋骨の下)あたりの周期的な...

(1)胆嚢結石血液検査では胆嚢結石の診断はできませんが、白血球の増加や炎症反応であるCRP値の上昇をみることで胆嚢の炎症を評価することができます。胆嚢結石の診断に最も有用なのは腹部超音波検査です。この検査で胆嚢結石の95%は診断でき、しかも結石の性状もある程度把握することができます。腹部CT検査は、胆嚢結石自体の診断能は超音波検査に劣りますが、石灰化し...

胆石はその成分により、コレステロール系結石、色素結石(ビリルビンカルシウム系結石、黒色石)、その他まれな胆石に分類されます。頻度はコレステロール系結石が70%、ビリルビンカルシウム系結石と黒色石がそれぞれ15%です。胆石の種類によってその原因も異なります。●コレステロール系結石体内の過剰なコレステロールは胆汁なかに排出されます。元来、コレステロールは...

関連ワード

「胆石症」に関するQ&A

944件

「胆石症」に関するQ&Aをもっと見る

「胆石症 胆嚢」に関するQ&A

212件

「胆石症 胆嚢」に関するQ&Aをもっと見る