胆嚢摘出後症候群

25件

胆石や胆嚢炎で胆嚢の摘出術を受けたあとに、上腹部の痛みや不快感、発熱、黄疸、吐き気などの、まるで胆石の発作のような症状が持続・出没する状態をいいます。以前は、このような症状を起こす胆道胆道以外の内臓病気もまとめてこう呼んでいましたが、診断技術が進んだ現在ではそれらの病気を除き、胆道の運動異常に原因があると考えられるものを胆嚢摘出後症候群と呼んでいま...

血液検査やX線検査、超音波検査で胆道病気であることが疑われれば、CTやMRI検査、胆道造影検査などで診断を確定していきます。また、胆道病気がみられない場合でも、胃や十二指腸、大腸など周囲の臓器に異常がないかどうかの検査も必要となってきます。胆道にも周囲の臓器にも異常がみられず、胆嚢摘出後症候群が疑われる場合には、放射性同位元素を用いたシンチグラフィ...

関連ワード

「胆嚢摘出後症候群 胆石」に関するQ&A

8件

「胆嚢摘出後症候群 胆石」に関するQ&Aをもっと見る