胆嚢ポリープ

363件

胆嚢の内腔にできる粘膜の盛り上がりを胆嚢ポリープといいます。健診や人間ドックでの超音波検査の普及に伴い発見率は高まっており、その頻度は5~10%です。良性のものがほとんどですが、大きくなるとがんの可能性が高くなるので注意が必要です。胆嚢ポリープは、ほとんどの場合、症状が現れることはありません。ただし、腫瘍性のポリープでがん化し大きくなった場合には、鈍痛...

胆嚢ポリープは、ほとんどの場合、症状が現れることはありません。ただし、腫瘍性のポリープでがん化し大きくなった場合には、鈍痛や体重減少などの胆嚢がん症状が出ることはあります。

腹部超音波検査で、ポリープの大きさや数、形を調べます。ポリープの大きさが10mm以下で数が多い場合には、コレステロールポリープの可能性が高くなります。反対に、大きさが10mm以上で、ポリープの茎が太く、盛り上がりの少ない形はがんを疑います。精密検査としては、造影CTや超音波内視鏡検査を行います。超音波内視鏡とは先端に超音波の機械がついた内視鏡を用いて行...

胆嚢ポリープには、腫瘍性のポリープと非腫瘍性のポリープがあります。腫瘍性のポリープは、胆嚢内腔の粘膜細胞が増殖してできます。良性(腺腫)と悪性(がん)がありますが、これらができる原因はわかっていません。一方、非腫瘍性のポリープにはコレステロールポリープなどがあります。コレステロールポリープは、胆汁中のコレステロール成分が胆嚢粘膜に沈着してできます。コレ...

関連ワード

「胆嚢ポリープ」に関するQ&A

363件

「胆嚢ポリープ」に関するQ&Aをもっと見る

「胆嚢ポリープ 人間ドック」に関するQ&A

74件

「胆嚢ポリープ 人間ドック」に関するQ&Aをもっと見る