肺水腫

1,857件

肺水腫とは、血液の液体成分が血管の外へ滲み出した状態をいいます。肺内で液体成分がたまるため肺のガス交換が障害されて、低酸素血症となり、呼吸困難が現れます。肺水腫では、呼吸困難、とくに、横になると息苦しいため起き上がって座位を取ったり(起座呼吸)、夜中に突然息苦しくて目が覚めたり(発作性夜間呼吸困難)します。また、胸がゼーゼーしたり(喘鳴)、ピンク色(薄...

肺水腫では、呼吸困難、とくに、横になると息苦しいため起き上がって座位を取ったり(起座呼吸)、夜中に突然息苦しくて目が覚めたり(発作性夜間呼吸困難)します。また、胸がゼーゼーしたり(喘鳴)、ピンク色(薄い血液の色)の泡状の痰(泡沫痰)が出ます。進行すると皮膚や口唇は紫色になり(チアノーゼ)、冷や汗をかいてショック状態に陥ることもあります。

胸部の聴診でぶつぶつというラ音が聞こえます。血液ガス分析では低酸素血症を認め、心原性肺水腫では、胸部X線像で心臓が大きく写り、蝶が羽を広げたような影(蝶形陰影)を認めます。原疾患の治療を行います。そして、血液中の酸素濃度を上げることが大切です。そのため、酸素吸入、時には人工呼吸器をつけることもあります。心原性肺水腫では、毛細血管圧を下げるために、ジゴキ...

原因は大きく分けて2つあります。肺の毛細血管静水圧が上昇したために液体成分がもれ出るもの(静水圧性)と、肺毛細血管壁の病的変化により液体成分が滲み出したもの(透過性亢進型)です。静水圧性肺水腫は、心臓弁膜症や心筋梗塞など、心臓の病気が原因となって起こることが多く、これらは心原性肺水腫と呼ばれています。肺水腫のほとんどが心原性肺水腫です。また、このタイプ...

関連ワード

「肺水腫」に関するQ&A

1,857件

「肺水腫」に関するQ&Aをもっと見る

「肺水腫 心臓病」に関するQ&A

155件

「肺水腫 心臓病」に関するQ&Aをもっと見る