肺挫傷

97件

肺挫傷は、胸部の鈍的外傷のなかで最も発生頻度が高いものです。肺組織に鈍的外力が直接作用し、または急激な肺胞内圧の上昇により、肺胞や毛細血管が断裂して引き起こされます。通常は、外傷後数時間で症状が現れ、軽症のものでは3~5日で自然に治りますが、広範囲の肺挫傷では急性呼吸不全から死に至る場合もあります。軽症の肺挫傷では無症状のことが多く、その存在に気づかな...

軽症の肺挫傷では無症状のことが多く、その存在に気づかないこともあります。一般的な症状は、胸部外傷に続発する呼吸困難、頻呼吸、血痰、チアノーゼ(皮膚などが紫色になる)などです。広範囲の肺挫傷では、低酸素血症に基づく意識障害や血圧低下を合併します。

診断は、前述の症状に加え、胸部の聴診、動脈血ガス分析(低酸素血症)、胸部X線、胸部CTなどから容易です。治療の主なものは、安静臥床、酸素吸入、肺理学療法です。吸入療法により気道内の血液や気管支分泌物の喀出(咳とともに体外へ排出すること)を促すことも効果的で、無気肺(肺のなかの空気が著しく減少することから起こる呼吸障害)の予防に役立ちます。酸素吸入を行っ...

ほかの胸部外傷同様、交通事故や高所からの墜落、胸部挟圧(はさまれる)、暴行などにより発生します。

関連ワード

「肺挫傷」に関するQ&A

97件

「肺挫傷」に関するQ&Aをもっと見る

「肺挫傷 慰謝料」に関するQ&A

8件

「肺挫傷 慰謝料」に関するQ&Aをもっと見る