肺性心

108件

肺性心とは、肺の病気が原因で肺での血液流れが悪くなり、肺へ血液を送り出している右心室に負担がかかって、右心室が大きくなったり(右室拡大)、右心室のはたらきが悪く(右心不全)なった状態です。もともとの心臓病でなく、肺の病気が原因で心臓に異常が起きたものを肺性心といいます。咳、痰、易疲労感(疲れやすい)のほか、胸がゼーゼーしたり(喘鳴)、呼吸困難が出現し...

咳、痰、易疲労感(疲れやすい)のほか、胸がゼーゼーしたり(喘鳴)、呼吸困難が出現します。進行すると呼吸困難が強くなり、酸素不足のために唇や爪が紫色(チアノーゼ)になったり、静脈の流れが悪くなるために肝臓がはれてきたり、むくみ(浮腫)が出てきたりします。

心電図で右心負荷、胸部X線像で右室拡大を認めます。また、心臓超音波検査、CT、MRI、心筋タリウムシンチグラフィでも右心室が大きくなっている様子がわかります。また、右心カテーテルで肺高血圧を認めます。そのほか、肺機能検査や血液ガス分析では、肺性心の原因となった肺の病気による異常が見られます。基本的には、肺性心の原因である肺の病気に対する治療を行います。...

慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症、肺線維症などの慢性の肺の病気と、肺血栓塞栓症や原発性肺高血圧症などの肺血管の病気が原因となります。通常、慢性に経過する病気が多いのですが、重篤な急性肺血栓塞栓症では、右心不全のためしばしば呼吸困難や意識消失を引き起こします。このような病態を急性肺性心と呼びます。

関連ワード