肺サルコイドーシス

25件

サルコイドーシス原因不明の多臓器疾患です。若年者と中年に好発し、両側肺門リンパ節、肺、眼、皮膚に病変を示すことが多い特徴がありますが、肝臓、脾臓、耳下腺、心臓、神経系、筋肉、骨や他の臓器が侵されることもあります。診断は臨床症状および胸部X線写真の異常に加えて、病変部の組織を採取し、組織学的に壊死を伴わない類上皮細胞肉芽腫が証明されれば確実になります。...

日本人では、症状は霧視(視界に小さなゴミのようなものが見える)が多く、サルコイドーシスの多くの患者が前眼部ぶどう膜炎を合併することから、眼科から内科に紹介されます。また、ごくまれに発熱、倦怠感、体重の減少などの症状があります。痛みを伴わない皮膚結節、皮下結節、筋肉内の結節、頸部腋窩、鼠径部にリンパ節の腫脹(はれ)を自覚することもあります。

霧視があり、胸部X線像あるいはCT像で縦隔および肺門リンパ節がはれている場合は、サルコイドーシスが強く疑われます(図27)。日本人サルコイドーシスは、軽症例が多い特徴があります。サルコイドーシスの診断には組織検査が必要です。表在リンパ節を皮膚切開して取り出すか、気管支ファイバースコープを使って肺組織を採取して、顕微鏡で診断をします。どうしても組織を取...

原因は不明ですが、アレルギーあるいは免疫反応が背景にあると考えられています。

関連ワード

「肺サルコイドーシス」に関するQ&A

25件

「肺サルコイドーシス」に関するQ&Aをもっと見る

「肺サルコイドーシス サルコイドーシス」に関するQ&A

10件

「肺サルコイドーシス サルコイドーシス」に関するQ&Aをもっと見る