肝内結石

41件

肝内結石とは肝臓のなかの胆管に結石ができる病気で、欧米に比べ日本を含めた東アジアで多くみられます。肝内結石の頻度は全胆石症の2%程度と少ないのですが、胆管炎を繰り返したり、肝膿瘍や敗血症などの重症の感染を引き起こしたりすることがあり、長年の胆汁のうっ滞や反復する炎症のため、肝硬変や肝不全に至ることがあります。また、完治自体が難しく、結石を除去しても再発...

よくみられる症状は発熱や腹痛です。また黄疸になることもあります。肝内結石の方のうち80%の方の胆汁中には細菌が常在しており、結石により胆汁の流れが妨げられて胆管が炎症感染を起こします。一方、健診などで行った腹部超音波検査などで偶然発見される、無症状の方もいます。

腹部超音波検査診断可能です。しかし胆嚢や肝外胆管と異なり、肝内胆管は木の枝のように入り組んで走行・合流しています。そのため結石がどの肝内胆管にあるのか、胆管が細くなっていたり太くなっていたりする場所はないか、肝臓が縮んでいないか、などを評価する必要があります。そのための検査としては、造影腹部CTや磁気共鳴胆管膵管造影(MRCP)があります。さらには治...

なぜ肝内結石ができるかはいまだに不明です。しかし日本においては、患者さんの数が地域によって大きく異なり、また全体の患者さんの数も減少傾向にあることから、衛生状態や食生活の関与が考えられています。先天性や遺伝性因子の関与はほとんどないといわれています。肝内結石の80%はビリルビンカルシウム系結石で、胆汁中の細菌が結石の生成に大きく関係していると考えられま...

関連ワード

「肝内結石」に関するQ&A

41件

「肝内結石」に関するQ&Aをもっと見る

「肝内結石 肝臓」に関するQ&A

9件

「肝内結石 肝臓」に関するQ&Aをもっと見る