肘部管症候群

755件

小指薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指筋肉を支配している尺骨神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指薬指小指側にしびれ感が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指薬指がまっすぐに伸びない鉤爪変型(あるいは鷲手変形)が...

麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指薬指小指側にしびれ感が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指薬指がまっすぐに伸びない鉤爪変型(あるいは鷲手変形)が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。

肘の内側くるぶしの後ろをたたくと、痛みが指先にひびくティネル徴候がみられます。紙を患者さんの親指と人差し指の間に挟んで検者が引っぱると、親指を曲げないと引き抜かれてしまうフロメンテストが陽性になります。電気を用いた検査では、神経を電気で刺激してから筋肉が反応するまでの時間が長くなります。知覚テスターという機器で感覚を調べると、感覚が鈍くなっています。...

肘の内側の上腕骨内上顆というくるぶしの後ろに、骨と靭帯で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に神経麻痺が発生します。圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘や、靭帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫などがあります。神経引き延ばし...

関連ワード

「肘部管症候群」に関するQ&A

755件

「肘部管症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「肘部管症候群 手術」に関するQ&A

82件

「肘部管症候群 手術」に関するQ&Aをもっと見る