耳介奇形

7件

耳介(穴以外の、外側に出ている部分)の奇形は先天性のものがほとんどで、生まれた時にはすでに耳介やその周囲の奇形が認められます。胎生期に中耳は第1鰓嚢(えらの袋)というところから発生し、耳介外耳は第1鰓嚢と関連した第1鰓溝(えらの溝)から発生します。その後妊娠第4週あたりで中耳外耳がつながります。これに対して内耳は妊娠第3週に菱脳というところから発生...

多くの耳介奇形は手術を必要とし、行う時期は症例によってさまざまです。これらの奇形に関する手術は、以前は耳鼻科医が行っていました。しかし近年の形成外科の発達により、多くの形成外科医が携わるようになっています。耳介の手術だけならば、形成外科医のみで行うこともあります。しかし、小耳症のように耳介奇形に難聴を伴うこともあるので、手術を行うには、形成外科医と耳鼻...

関連ワード

「耳介奇形」に関するQ&A

7件

「耳介奇形」に関するQ&Aをもっと見る