老年期精神病

12件

今日、精神疾患の標準的な診断基準として用いられているDSM‐IV‐TRやICD‐10においては、老年期精神病という名称は見当たりません。というのも、これは正式な診断名ではなく、認知症のない高齢者において、幻覚妄想などの精神病症状が認められる病態を総称しているものであるからです。薬物の影響や身体疾患による幻覚妄想は老年期精神病に含まれません。先にあげ...

老年期精神病に対する治療の中心は、抗精神病薬による薬物療法です。薬物代謝能力が低下している高齢者では副作用が生じやすいため、できるだけ少量から始めることが基本です。主な副作用としては、表情が乏しくなる、体の動きがぎこちなくなるなどの錐体外路症状や起立性低血圧などがあります。近年、より副作用の少ない非定型抗精神病薬と呼ばれる薬が登場し、高齢者に対しても第...

関連ワード

「老年期精神病」に関するQ&A

12件

「老年期精神病」に関するQ&Aをもっと見る

「老年期精神病 被害妄想」に関するQ&A

3件

「老年期精神病 被害妄想」に関するQ&Aをもっと見る