羊水過多症

44件

子宮内の羊水が800mlを超えると判断される場合を羊水過多といい、これに母体自覚症状を伴う場合を羊水過多症といいます。羊水は主として胎児の尿、肺胞液から産生され、嚥下により胎児に吸収されます。両者のバランスにより羊水量は安定していますが、バランス破綻から羊水量に異常を来します。

診断は超音波断層法により行います。羊水腔は子宮内のエコーフリースペース(超音波の反射がない部分)として観察され、そのスペースの大きさ(たとえば、径が8cm以上など)により診断します。羊水過多と診断されたら、原因の検索を行います。母体の糖尿病検査、感染症検査、胎児・胎盤の超音波検査を行い、それぞれの原因に応じた管理を行います。母体の呼吸困難、悪心、嘔吐、...

原因として、羊水産生の過剰か吸収の減少が考えられます。産生過剰の代表的な例は双胎間輸血症候群(多胎妊娠を参照)であり、受血児は多尿になるため高度の羊水過多となります。腎臓や肺の異常による羊水過多も報告されていますが、その頻度は低いようです。原因の多くは吸収の減少であり、嚥下障害と消化管通過障害によります。嚥下障害としては、中枢神経系の異常、筋骨格系の異...

関連ワード

「羊水過多症」に関するQ&A

44件

「羊水過多症」に関するQ&Aをもっと見る

「羊水過多症 羊水」に関するQ&A

27件

「羊水過多症 羊水」に関するQ&Aをもっと見る