結核性髄膜炎

92件

結核菌の感染によって生じる髄膜炎で、現在でも死亡率の高い病気です。約2週間の経過頭痛発熱意識障害が進行し、失明、難聴、水頭症などの重い後遺症を残すことが多い難治性疾患で、早期に適切な治療が必要です。ほかの細菌性髄膜炎と比べ、亜急性発症経過で、脳底髄膜炎を示すことが多い病気です。粟粒結核の75~86%に発症します。以前は主に小児の疾患でしたが、...

亜急性発症で、頭痛・嘔吐、発熱などの症状で始まります。とくに発熱と強い頭痛が特徴です。この頭痛はこれまでに経験したことのないような強い痛みで、頭全体ががんがんします。患者さんの首は硬くなり、下を向きにくくなります。進行すると意識障害が現れ、さらに髄膜脳炎(視力障害、動眼神経障害、外転神経障害などの脳神経障害、けいれん症状を示す)を併発します。

白血球増加、ツベルクリン反応陽性(陰性の場合もある)、胸部X線異常(肺に原発感染巣がある場合)や粟粒性結核所見、縦隔リンパ節腫大などを認めます。髄液の所見では、圧の上昇、単核球優位の細胞数増加、蛋白の上昇、糖の低下(20~40mg/dl)、アデノシンデアミナーゼ(ADA)の増加がみられます。結核菌の塗抹、培養も行われます。PCR法による菌DNAの検出は...

関連ワード

「結核性髄膜炎」に関するQ&A

92件

「結核性髄膜炎」に関するQ&Aをもっと見る

「結核性髄膜炎 結核」に関するQ&A

33件

「結核性髄膜炎 結核」に関するQ&Aをもっと見る