糖尿病網膜症

308件

日本では糖尿病が急速に増加し、それにつれて糖尿病網膜症も増えています。糖尿病はそれ自体が致命的ということは少なく、さまざまな合併症が全身をじわじわと蝕んでいく病気です。糖尿病網膜症は代表的な糖尿病合併症のひとつです。しばしば失明に至る病気で、最近では日本の中途失明の原因の第2位を占めています。糖尿病網膜症は網膜の血管、とくに毛細血管病気です。毛細血管...

糖尿病になってから糖尿病網膜症が起こるまでには、少なくとも5年くらいはかかると考えられています。また、糖尿病網膜症を発症しても、すぐに症状が現れるわけではありません。自覚症状が現れるのは、網膜症がかなり進行した段階です。症状は、眼底の中心にある黄斑部の網膜にむくみが出る黄斑症や、硝子体出血や網膜剥離を起こす増殖網膜症に至ると現れます。黄斑症では視力が低...

眼底検査が基本ですが、蛍光造影検査も必ず行います。糖尿病網膜症は病期を見極めることが治療のうえで重要です。ごく簡単にいえば、単純期、前増殖期、増殖期の順に進行していきます。それとは別に、どの病期であれ、黄斑症が現れることがあります。それを的確に把握するには蛍光造影検査が不可欠です。網膜症で視機能が損われるのは、黄斑症増殖網膜症に至った場合です。黄斑症...

もちろん糖尿病が原因ですが、糖尿病の原因を考えてみる必要があるでしょう。日本人の糖尿病は大半が2型(インスリン非依存性)糖尿病です。日本人は遺伝的に2型糖尿病になりやすい人が多く、それに高度成長に伴う過食など生活習慣の変化が加わって、糖尿病が爆発的に増えたのです。2型糖尿病は生活習慣病の性格が強い病型ですが、生活習慣病というのは本質的に予防すべきもので...

関連ワード

「糖尿病網膜症」に関するQ&A

308件

「糖尿病網膜症」に関するQ&Aをもっと見る

「糖尿病網膜症 レーザー治療」に関するQ&A

40件

「糖尿病網膜症 レーザー治療」に関するQ&Aをもっと見る