糖尿病白内障

5件

糖尿病白内障は糖尿病による眼の合併症のひとつで、眼のなかの凸レンズの役目をしている水晶体が混濁する病気です。白内障は年齢とともに進行する病気で、軽度のものはほとんどの高齢者に認められます。糖尿病があると年齢以上に白内障が進行しやすい傾向があります。白内障の初期症状は“まぶしい”や“かすむ”などで、進行すると視力低下を自覚するようになります。真性糖尿病...

白内障の初期症状は“まぶしい”や“かすむ”などで、進行すると視力低下を自覚するようになります。真性糖尿病白内障ではそれらの症状が急激に進行しますが、大多数を占める仮性糖尿病白内障では徐々にそれらの症状が現れてきます。視力低下を自覚し日常生活に支障を来すようになれば、白内障手術が必要になってきます。また糖尿病網膜症が合併している場合には、その管理(眼...

糖尿病白内障の診断には、散瞳薬を用いて瞳孔を開いた状態で、細隙灯顕微鏡により検査をすることが必要です。この検査で水晶体に混濁があると認められれば白内障の診断がつきます。混濁の部位が水晶体の核なのか、皮質なのか、水晶体嚢下なのかの診断もこの検査で可能です。真性糖尿病白内障では皮質の多数の点状の混濁に始まり、それらが融合していく形で白内障が進行していきます...

糖尿病が原因で糖尿病白内障が発症するわけですが、高血糖そのものが原因で比較的若年者から急激に進行する真性糖尿病白内障と、通常の老人性白内障が合併している仮性糖尿病白内障とに分類されます。高血糖からくるポリオール代謝経路の亢進、酸化ストレス、終末糖化産物の蓄積などが原因で水晶体蛋白が混濁するものと思われますが、その詳しいメカニズムはまだ明らかではありません。

関連ワード

「糖尿病白内障」に関するQ&A

5件

「糖尿病白内障」に関するQ&Aをもっと見る

「糖尿病白内障 糖尿病」に関するQ&A

5件

「糖尿病白内障 糖尿病」に関するQ&Aをもっと見る