糖尿病性腎症

699件

糖尿病性腎症は、糖尿病性末梢神経障害および糖尿病網膜症とともに、糖尿病の3大合併症のひとつです。本症が進行すると腎機能が悪化し(腎不全)、現在では透析療法を受ける患者さんの原因疾患の第1位を占めています。糖尿病になって10年以上経過してから徐々に蛋白尿が現れ、やがてネフローゼ症候群となって浮腫(むくみ)を来し、腎機能が悪化してくるのが典型的な経過です。...

糖尿病性腎症は、かなり進行してからでないと自覚症状は現れません。したがって、むくみなどの自覚症状が出現した場合は、かなり進行していることになります。腎機能が悪化し腎不全になると、体内への尿毒症物質の蓄積による尿毒症(頭痛、吐き気、立ちくらみなど)が出現してきます。

糖尿病性腎症の診断は、尿中アルブミン排泄量で行います。アルブミンは蛋白質のひとつですが、試験紙法(一般的に汎用されている検査法)で尿蛋白が陰性であっても、精密に測定すると尿中にアルブミンが出てきていることがあります。具体的には、尿のアルブミン(mg/dl)とクレアチニン(g/dl)の測定を行い、その比(アルブミン/クレアチニン:mg/g・Cr)が30~...

糖尿病による高血糖と高血圧が根本的な原因です。血管の内側にある内皮細胞が障害されたり、腎臓内の蛋白質に非酵素的糖化反応を来したりします。また腎臓内の高血圧の影響も重要です。

関連ワード

「糖尿病性腎症」に関するQ&A

699件

「糖尿病性腎症」に関するQ&Aをもっと見る

「糖尿病性腎症 透析」に関するQ&A

161件

「糖尿病性腎症 透析」に関するQ&Aをもっと見る