糖尿病

57,346件

糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mg/dl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓のβ細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時血糖値...

1型糖尿病は急激に発症し、ケトアシドーシスインスリン不足により糖質の利用ができなくなり、脂肪が分解・利用されるため、ケトン体が生産されて血液が酸性になること)になりやすいタイプです。しかし、ゆっくりと進行する1型糖尿病もあります。一方、2型糖尿病はゆっくりと発症し、いつから糖尿病になったのかわからないこともあります。高血糖による症状としては、口渇、多...

(1)糖尿病の診断基準a.(1)空腹時血糖値が126mg/dl以上、(2)75gブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間値が200mg/dl以上、(3)随時血糖値(来院時に任意の条件下で測定された血糖値)が200mg/dl以上、(4)HbA1Cが6.5%以上(日本の測定値では6.1%以上)のいずれかを認めた場合は、「糖尿病型」と判定します。別の日に再検査を行...

1型糖尿病、2型糖尿病、その他の疾患に伴う糖尿病および妊娠糖尿病に分類されます。(1)1型糖尿病自己免疫異常により、インスリンを合成する膵β細胞が破壊され、インスリンが絶対的に欠乏し、高血糖になります。遺伝様式は不明ですが、白血球の組織適合抗原のタイプにより発症の危険率が高まります。8~12歳の思春期に発症が多くなりますが、幼児や、最近では成人にも発症...

関連ワード

「糖尿病」に関するQ&A

57,335件

「糖尿病」に関するQ&Aをもっと見る

「糖尿病 hba1c」に関するQ&A

5,850件

「糖尿病 hba1c」に関するQ&Aをもっと見る