神経調節性失神

93件

神経調節性失神は神経の反射で引き起こされる一過性の意識消失発作(失神)であり、徐脈(脈が遅くなること)や末梢血管の拡張に伴う血圧低下によって症状が出現します。原因不明の失神が認められる患者さんで、頻度が高いとされています。この病気は若年から中高年と広い年齢層に認められますが、比較的若年に発症する頻度が高く、男性より女性に多い傾向があります。長時間立位...

長時間立位座位、排尿や排便、また血圧や心拍数をコントロールする頸動脈洞の圧迫などにより、失神が現れます。その発症の体位としては立位座位が多く、しばしば脱水、発熱、疼痛などが引き金になります。さらに失神出現前に高率に吐き気、気分不快、動悸、発汗などの前駆症状(前兆)を伴います。典型的な例では、若い女性が満員電車で長時間立っていて、気分不快に伴って失...

神経調節性失神の診断では、症状の経過の把握が極めて重要です。つまり、前駆症状を伴って立位座位で失神が発症するような場合は神経調節性失神が疑われます。しかし、失神の原因となる他の疾患(不整脈、てんかん、脳血管障害など)との鑑別を諸検査によって行う必要があります。その結果、他の原因疾患が否定され、神経調節性失神が疑われた場合、ヘッドアップチルト試験(傾斜...

神経調節性失神は長時間立位により生じることが多く、立位に伴う下肢の血液貯留が静脈環流量の低下をまねき、それによって左心室の容積が減り、交感神経活動の増加につながります。それが左心室を過剰に収縮させ、心拍数の増加にはたらきます。一般に、このような変化は左心室に存在するメカノ受容体という部位を刺激します。この病気の原因は、このようなメカノ受容体の刺激が最...

関連ワード

「神経調節性失神」に関するQ&A

93件

「神経調節性失神」に関するQ&Aをもっと見る

「神経調節性失神 立ちくらみ」に関するQ&A

16件

「神経調節性失神 立ちくらみ」に関するQ&Aをもっと見る