神経因性膀胱

382件

膀胱が尿で充満すると、それを感知して大脳に信号が送られ尿意を感じます。それから、がまんしたり排尿を行います。大脳から膀胱や骨盤内の筋肉に指令を出しますが、この膀胱から大脳に至る神経の一部の障害によって起こる排尿障害を、神経因性膀胱といいます。頻尿尿失禁、排尿困難(尿が出にくい)、時には尿閉(膀胱内に尿はあるが、出すことができない)などの症状があります...

頻尿尿失禁、排尿困難(尿が出にくい)、時には尿閉(膀胱内に尿はあるが、出すことができない)などの症状があります。原因となる病気によって排尿障害症状や程度はさまざまで、無症状のこともあります。また、排尿をコントロールする神経は排便や性機能にも関与しているため、排便の異常や性機能障害(インポテンツ)を伴う場合もあります。排尿障害から膀胱炎や腎盂腎炎など...

頻尿尿失禁、排尿困難などの症状は神経因性膀胱以外の病気でもみられますし、神経因性膀胱はさまざまな原因によって起こってくるので、その原因を調べ、治療の選択を決定するためにはさまざまな検査が必要です。神経因性膀胱では、症状から排尿をコントロールする神経の障害部位が推定できます。頻尿尿失禁排尿障害のほか、排便の異常や性機能障害についての情報も診断に有用...

排尿をコントロールする大脳、脊髄、末梢神経が障害されることによって起こってきます。大脳の障害としては、さまざまな原因による認知症、パーキンソン病、脳卒中(脳出血や脳梗塞など)、脳髄膜炎、頭部外傷などがあげられます。脳と脊髄の障害としては、多発性硬化症、脊髄小脳変性症などがあげられ、障害の部位によって症状の現れ方が異なります。脊髄の障害としては、脊髄損傷...

関連ワード

「神経因性膀胱」に関するQ&A

382件

「神経因性膀胱」に関するQ&Aをもっと見る

「神経因性膀胱 泌尿器科」に関するQ&A

146件

「神経因性膀胱 泌尿器科」に関するQ&Aをもっと見る