睡眠相後退症候群

128件

睡眠相後退症候群とは、いったん夜型の生活をすると通常の時刻に眠りにつくことができず、望まれる時刻に起床することが困難になる病気です。体内時計のリズムの乱れに基づく睡眠障害(概日リズム睡眠障害)のなかで、最も頻度が高いものです。日中の行動や心理状態と関わりなく、朝方まで入眠できませんが、いったん入眠すると比較的安定した睡眠が得られ、遅い時刻まで起きられま...

日中の行動や心理状態と関わりなく、朝方まで入眠できませんが、いったん入眠すると比較的安定した睡眠が得られ、遅い時刻まで起きられません。睡眠時間帯が遅れて固定してしまっているのです。このために定刻に登校や出社ができず、社会生活上の問題となります。患者さん体内時計の状態を調べると、体温リズムやホルモンリズムが3~4時間遅れています。これが原因で睡眠時間帯...

治療としては、高照度光療法が用いられます。日光や人工的高照度光に、朝起きると同時に一定時間曝露させることで、体内時計のリズムを早め、その晩の入眠時刻を早くし、睡眠時間帯を徐々に正常化する方法です。徐々に入眠時刻を遅らせて睡眠相を患者さんの望む時間帯に固定する、時間療法という治療法もあります。1日3~4時間ずつ入眠時刻を遅らせることで、ほぼ1週間かけて入...

関連ワード

「睡眠相後退症候群」に関するQ&A

128件

「睡眠相後退症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「睡眠相後退症候群 睡眠障害」に関するQ&A

21件

「睡眠相後退症候群 睡眠障害」に関するQ&Aをもっと見る

「睡眠相後退症候群」が多く含まれるカテゴリは?