眼瞼炎

184件

まぶたの炎症で、主にまつ毛の根元付近に起こるものを眼瞼縁炎、主にまぶたの皮膚に起こるものを眼瞼皮膚炎といいます。眼瞼縁炎は、左右両側の眼瞼縁の発赤、発疹、ただれやあかむけ(潰瘍)、かさぶた(痂皮)などを生じます。慢性化しやすく、軽快と悪化を繰り返し、重症例ではさかまつ毛睫毛乱生)やまつ毛の欠損(睫毛禿)、皮膚の肥厚、まぶたの変形、外反症を生じます。眼...

眼瞼縁炎は、左右両側の眼瞼縁の発赤、発疹、ただれやあかむけ(潰瘍)、かさぶた(痂皮)などを生じます。慢性化しやすく、軽快と悪化を繰り返し、重症例ではさかまつ毛睫毛乱生)やまつ毛の欠損(睫毛禿)、皮膚の肥厚、まぶたの変形、外反症を生じます。眼瞼皮膚炎は、まぶたの皮膚のかゆみを伴った発赤、紅斑(赤み)、腫脹が起き、やがて水疱などができて皮膚がただれ、角化...

感染性のものか非感染性のものかの区別が重要です。そのため、細菌培養を行います。眼瞼皮膚炎(非感染性)はアレルゲンの同定を行い、それとの接触を避けるようにします。皮膚に微量の各種の成分をつけて、それぞれに対する皮膚の発赤の有無、程度で原因をさがす検査(パッチテスト)を行いますが、これで原因が特定できないこともあります。眼瞼縁炎では、まぶたを清潔にすること...

眼瞼縁炎には、ブドウ球菌という細菌がまつ毛の毛根、脂腺や汗腺に感染して起きる化膿性のものと、皮脂腺の分泌過剰による非感染性のもの(脂漏性)があります。化膿性のものは重症化する傾向がありますが、脂漏性のものは潰瘍などは生じず、まつ毛の欠損も起こしません。これに対し、眼瞼皮膚炎は、外来の物質が原因で起こる皮膚のアレルギー性炎症です。原因物質(アレルゲン、抗...

関連ワード

「眼瞼炎」に関するQ&A

184件

「眼瞼炎」に関するQ&Aをもっと見る

「眼瞼炎 まぶた」に関するQ&A

49件

「眼瞼炎 まぶた」に関するQ&Aをもっと見る