眼瞼下垂

4,050件

まぶたが上がりにくい(眼が十分開きにくい)状態です。先天性のものが最も多く、普通は眼瞼挙筋の形成不全で起こります。片眼性のことが多いものの、両眼性もみられます。遺伝することもしばしばです。後天性では、加齢により徐々に起こる眼瞼下垂をよくみます。眼瞼挙筋の筋力の低下によるもので、いわゆる「年をとって眼が細くなる、開きにくくなる」というもののひとつです。あ...

先天性のものが最も多く、普通は眼瞼挙筋の形成不全で起こります。片眼性のことが多いものの、両眼性もみられます。遺伝することもしばしばです。後天性では、加齢により徐々に起こる眼瞼下垂をよくみます。眼瞼挙筋の筋力の低下によるもので、いわゆる「年をとって眼が細くなる、開きにくくなる」というもののひとつです。ある程度以上の下垂があると、物を見る時、あごを上げる姿...

眼瞼下垂は多くの原因で起こります。先天性でも、複雑な神経の異常で起こる場合もあります。後天性では、何かのきっかけがあったか、複視があるか、疲労と関係があるかなどが診断の手助けとなります。疲労と関係があり、重症筋無力症が疑われる場合は、特殊な薬物(抗コリンエステラーゼ)を検査に用います。最も多い先天性眼瞼下垂では手術が主体です。重症の下垂では視力の発達が...

まぶたを上げるのは、眼瞼挙筋という筋肉です。その筋肉を動かすのは動眼神経という神経です。この筋肉または神経の異常で眼瞼下垂が起こります。これら以外で眼が開きにくい状態を偽眼瞼下垂といい、まぶたの皮膚の弛緩(たるみ)、病的な眼球の縮小(先天性小眼球)・萎縮(眼球癆:失明した眼球が小さくなった状態)などで起こります。

関連ワード

「眼瞼下垂」に関するQ&A

4,050件

「眼瞼下垂」に関するQ&Aをもっと見る

「眼瞼下垂 手術」に関するQ&A

1,102件

「眼瞼下垂 手術」に関するQ&Aをもっと見る