真珠腫性中耳炎

405件

正常な鼓膜は太鼓のようにぴんと張った膜ですが、鼓膜の一部がに入り込んでいくのが真珠腫性中耳炎です(図21)。中耳の炎症が長引くと、乳突洞(中耳のにあるハチの巣状の骨)や上鼓室へ炎症が及びます。さらに中耳の換気状態が悪くなると、真珠腫性中耳炎が発症します。滲出性中耳炎や癒着性中耳炎に続いて起こることもあります。鼻すすり癖がある人に発症しやすいといわれ...

に入り込んだ鼓膜が、さらに深部へ進むとさまざまな症状が現れます。強い炎症や骨破壊を生じて、耳だれ、難聴、めまい、耳鳴り、顔面神経麻痺などを合併し、一般的な慢性中耳炎よりも重い病気です。そのまま放置すると髄膜炎脳膿瘍を起こし、生命に関わる場合もあります。この病気は、耳漏、炎症を繰り返していること、後天的な病気であることが先天性真珠腫との大きな違いです。

診断は、鼓膜をよく見ることが第一です。できれば手術用顕微鏡や拡大耳鏡、内視鏡を用いてよく観察し、真珠腫の侵入部位、鼓膜の癒着、耳小骨の状態を調べます。同時に局所治療により炎症を抑えます。この病気では、側頭骨ターゲットCTが必須の検査です。CTにより真珠腫の進展範囲、骨破壊(内耳瘻孔や硬膜露出の有無)、耳小骨の破壊の有無を診断します。聴力検査は真珠腫によ...

関連ワード

「真珠腫性中耳炎」に関するQ&A

405件

「真珠腫性中耳炎」に関するQ&Aをもっと見る

「真珠腫性中耳炎 手術」に関するQ&A

104件

「真珠腫性中耳炎 手術」に関するQ&Aをもっと見る