皮膚筋炎

416件

皮膚および筋肉を主な病変の場とする膠原病です。近位筋(肩や大腿、上腕など体の中心に近い所の筋肉)の炎症症状と皮膚症状が同時に出る場合と、いずれか一方が先行する場合があります。小児期(5~15歳)と成人(40~60歳)に好発し、成人では約30%で悪性腫瘍と間質性肺炎を合併します。筋症状のない、皮膚症状だけの病型もあります。原因は不明です。特徴的皮膚症状と...

特徴的皮膚症状としてヘリオトロープ様紅斑(上まぶたのはれぼったい赤紫色の紅斑)、ゴットロン丘疹(手指の関節の背面に2~3mm程度の表面がかさかさして盛り上がった赤い発疹が集まり、全体として1~2cm程度となる発疹)、多型皮膚萎縮(茶色の色素沈着、白い色素脱失、毛細血管拡張、皮膚の萎縮が混ざった、一見汚く見える皮膚症状で、背部に多い)、爪囲紅斑(爪のまわ...

血液では抗核抗体、抗Jo‐1などを検査します。筋炎がある場合はCK、LDH、アルドラーゼなどの筋逸脱系酵素が上昇します。皮膚病変は皮膚生検、筋病変は筋電図と筋生検を行います、成人では胸部X線写真を撮影し、間質性肺炎が疑われる場合はCTなどの画像精密検査が必要です。内臓悪性腫瘍の合併を調べる検査も必要です。ステロイド薬の内服が第一選択です。効果が不十分な...

関連ワード

「皮膚筋炎」に関するQ&A

416件

「皮膚筋炎」に関するQ&Aをもっと見る

「皮膚筋炎 膠原病」に関するQ&A

182件

「皮膚筋炎 膠原病」に関するQ&Aをもっと見る