百日咳

4,261件

百日咳菌の飛沫感染(くしゃみなど)で起こります。日本では1981年以降、世界に先駆けて副反応の少ない精製ワクチンが使われ、小児の患者さんの数は着実に減ってきています。一方、10歳以上の思春期、成人、高齢者の患者さんが増えてきています。鼻水や咳など、かぜの症状から始まります。かぜ薬をのんでいても、1~2週間で咳がひどくなります。顔を真っ赤にして途切れなく...

鼻水や咳など、かぜの症状から始まります。かぜ薬をのんでいても、1~2週間で咳がひどくなります。顔を真っ赤にして途切れなく続く咳込みと、そのあと急に息を吸い込むために笛を吹くような音が出てきます。熱はないことが多く、咳き込んで吐くこともあります。ワクチンを接種していない1歳未満の乳児では、咳で呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起こる...

診断方法には、血液検査と菌の培養があります。特徴的な咳があり、白血球数が15000/μl以上、リンパ球70%以上であれば診断できます。鼻の奥からの百日咳菌の分離が決め手となります。パラ百日咳菌感染症やアデノウイルス感染症との区別が必要です。多くの抗菌薬が有効です。特有の咳が出てきてから治療を始めても症状はよくなりませんが、他人への菌の拡散は防止できます...

関連ワード

「百日咳」に関するQ&A

4,261件

「百日咳」に関するQ&Aをもっと見る

「百日咳 抗生物質」に関するQ&A

383件

「百日咳 抗生物質」に関するQ&Aをもっと見る