白癬

988件

真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染して起こる病気です。病変の部位により、足白癬(水虫)、爪白癬(爪の水虫)、手白癬(手の水虫)、体部白癬(ゼニたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、頭部白癬(しらくも)、ケルスス禿瘡などに分類されます。皮膚科では比較的多い病気で、外来の患者さんの10~15%を占めます。白癬の臨床症状は病型で異なりま...

白癬の臨床症状は病型で異なりますが、共通した特徴として、環状の紅斑を示し、中心部は軽快傾向にあるため褐色調で、辺縁は炎症が強く、小水疱や丘疹が認められます。白癬はかゆいというイメージがありますが、かゆくないこともあり注意が必要です。

臨床症状だけでは白癬の診断はできません。区別が必要な皮膚病が多数あるので、顕微鏡を使った検査(直接鏡検)で特徴的な菌要素を検出することが診断の決め手になります。最も一般的に行われる直接鏡検KOH法はピンセット、ハサミ、メスなどを使って、病変部の鱗屑(皮膚表面からはがれかけている角質)、小水疱、丘疹、爪、毛などを採取し、スライドグラス上で、水酸化カリウム...

原因あるいは誘因として各病型に共通していることは、感染の機会が多いこと、高温、多湿などの環境因子、不潔、多汗などの皮膚の問題、長靴・安全靴の着用などの生活習慣です。

関連ワード

「白癬」に関するQ&A

983件

「白癬」に関するQ&Aをもっと見る

「白癬 白癬菌」に関するQ&A

108件

「白癬 白癬菌」に関するQ&Aをもっと見る