発作性上室性頻拍

482件

突然脈拍が速くなり、しばらく続いたあとに突然止まる頻拍で、心房あるいは房室接合部と呼ばれる心室以外の組織が頻拍に関わっているものを指します。突然現れて突然止まる頻拍は、一般にリエントリー(回帰興奮あるいは回帰収縮)によって起こります。発作性上室性頻拍には、WPW症候群の房室回帰性頻拍、房室結節リエントリー性頻拍心房内リエントリー性頻拍、洞結節リエント...

発作性上室性頻拍の症状は、突然生じてしばらく続き、突然止まる動悸や胸部違和感として自覚されます。頻拍が生じていない時はまったく正常なので、健康診断でも発作時以外は異常を指摘されることはありません。頻拍が長時間続くと、心機能が低下してうっ血性心不全の状態になることがあります。

診断には、発作時の心電図所見が非常に役立ちます。発作時の心電図が規則正しい頻拍を示し、QRS波の幅が正常であれば、発作性上室性頻拍と診断できます。QRS波とQRS波の間に、P′波が常に認められれば診断は確実になります。確定診断には、心臓の電気生理学的検査が必要です。これにより頻拍の誘発と停止が可能であり、頻拍中の心房波と心室波の関係を容易に把握すること...

頻拍は、リエントリーによって発生します。発作性上室性頻拍に関わるリエントリーの特徴は、解剖学的な刺激伝導回路があることです。回路としては相対的にゆっくりと興奮が伝わる遅い伝導路と、相対的に速く興奮が伝わる速い伝導路とがあり、両端で両方の伝導路が合わさっています。この状態で一般には伝導の速い伝導路は不応期が長く、伝導の遅い伝導路は不応期が短いのです。すな...

関連ワード

「発作性上室性頻拍」に関するQ&A

482件

「発作性上室性頻拍」に関するQ&Aをもっと見る

「発作性上室性頻拍 不整脈」に関するQ&A

220件

「発作性上室性頻拍 不整脈」に関するQ&Aをもっと見る

「発作性上室性頻拍」が多く含まれるカテゴリは?