男性更年期障害

227件

男性ホルモン(テストステロン)は精巣が産生するホルモンで、さまざまな機能をもっており、心身状態に影響を及ぼしています。個人差が大きいのですが、一般的に男性ホルモン産生は高齢になると低下し、とくに40代後半から50代前半に、性欲低下・発汗・ほてり・寝汗・疲労感・うつ状態等の症状を呈します。女性における更年期障害に対応する疾患として、男性更年期障害と呼ばれ...

男性ホルモン(テストステロン)は精巣が産生するホルモンで、さまざまな機能をもっており、心身状態に影響を及ぼしています。個人差が大きいのですが、一般的に男性ホルモン産生は高齢になると低下し、とくに40代後半から50代前半に、性欲低下・発汗・ほてり・寝汗・疲労感・うつ状態等の症状を呈します。女性における更年期障害に対応する疾患として、男性更年期障害と呼ばれ...

血中テストステロンの測定が基本です。さらに、関連するホルモンとしてLH(黄体化ホルモン)、プロラクチンなどの測定も参考になります。頻度の高い症状として、性欲低下、勃起不全、筋力低下、体脂肪の増加、骨密度の減少、活力低下、抑うつ状態、などがあり、これらの症状と血中テストステロン値が診断の決め手になります。男性ホルモンの補充療法が治療の基本です。補充の方法...

基本的には男性ホルモンの低下が原因です。ただし、男性更年期障害以外にもさまざまな疾患において男性ホルモンが一時的に低下することはありますので、それらを除外する必要があります。また男性ホルモンの低下だけでなく、体調の変化や外的なストレスなどが重なって発症すると考えられています。

関連ワード

「男性更年期障害」に関するQ&A

227件

「男性更年期障害」に関するQ&Aをもっと見る

「男性更年期障害 更年期障害」に関するQ&A

44件

「男性更年期障害 更年期障害」に関するQ&Aをもっと見る