物理アレルギー

20件

物理アレルギーとは、さまざまな物理的刺激によって引き起こされるアレルギー反応の総称です。刺激には、寒冷、運動、光線、機械的刺激などがあります。これらの刺激が、寒冷じんま疹、運動誘発喘息運動誘発アナフィラキシー食物依存性運動誘発アナフィラキシー、日光じんま疹、光線過敏性皮膚炎、機械性じんま疹などのさまざまな病態を引き起こします。刺激にさらされたのち、...

刺激にさらされたのち、典型的には15~30分程度でじんま疹や喘息発作などが起こります。運動誘発喘息は、気管支喘息患者のとくに小児から若年で、いわゆるアトピー体質をもつ人に多く認められ、運動開始後に気道の狭窄が生じて、喘鳴(ぜいぜいという音)や呼吸困難が現れます。運動誘発アナフィラキシーでは、運動開始後に呼吸困難、じんま疹、そして血圧低下などのアナフィラ...

いずれの病態・疾患でも、問診が診断のポイントになり、とくに誘因と症状との因果関係について詳しく検証することが最も大切です。また、ほかの原因に基づくアレルギー疾患との区別も重要です。運動誘発喘息の診断には運動誘発試験を行い、気道の収縮が誘発されるかどうかで判断しますが、簡易的にピークフロー・メーターで測定する方法もあります。血液中の免疫グロブリンE(Ig...

前述のような種々の刺激によって、アレルゲンによる即時型アレルギー反応と同じように、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離し、その作用によって気道の収縮やじんま疹症状が生じ、時にはショック症状などが引き起こされると考えられています。食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは、特定の食べ物の摂取と運動の重複が原因になります。

関連ワード

「物理アレルギー」に関するQ&A

18件

「物理アレルギー」に関するQ&Aをもっと見る

「物理アレルギー 物理」に関するQ&A

11件

「物理アレルギー 物理」に関するQ&Aをもっと見る

「物理アレルギー」が多く含まれるカテゴリは?