無痛性甲状腺炎

189件

何らかの原因により甲状腺が壊れ、なかに蓄えられていた甲状腺ホルモンが血液中にもれ出して、一過性甲状腺機能亢進症を示す病気です。亜急性甲状腺炎と違って、甲状腺に痛みがないので無痛性甲状腺炎と呼ばれています。動悸、暑がり、体重の減少などの甲状腺機能亢進症症状が、比較的短期間に認められるようになり、受診する例が多いようです。甲状腺機能亢進症の5~10%く...

動悸、暑がり、体重の減少などの甲状腺機能亢進症症状が、比較的短期間に認められるようになり、受診する例が多いようです。甲状腺機能亢進症の5~10%くらいが無痛性甲状腺炎です。症状が比較的軽度であること、病気で悩む期間が短いこと、眼球突出などの眼症状はないことなどがバセドウ病との違いですが、紛らわしいのでしばしば誤診されていました。しかし、バセドウ病では...

バセドウ病ではTSHレセプター抗体が陽性になるので、甲状腺機能亢進症であってTSHレセプター抗体が陰性であれば、無痛性甲状腺炎の可能性が大きくなります。しかし、時に無痛性甲状腺炎でもTSHレセプター抗体が一時的に陽性になることがあり、その時はバセドウ病との区別が難しいので、放射性ヨード摂取率の検査をすることがあります。この検査は1週間ほど海草類をとらな...

出産をきっかけに起こることがよく知られていますが、とくに誘因がなく発症する場合もあります。もとには橋本病があると考えられていますが、どのような仕組みで甲状腺が壊れてホルモンがもれるのかは不明です。

関連ワード

「無痛性甲状腺炎」に関するQ&A

189件

「無痛性甲状腺炎」に関するQ&Aをもっと見る

「無痛性甲状腺炎 バセドウ病」に関するQ&A

93件

「無痛性甲状腺炎 バセドウ病」に関するQ&Aをもっと見る