滲出性中耳炎

3,129件

急性炎症を伴わず、中耳に滲出液がたまっている状態です。子どもから大人まで、あらゆる年齢層に発症しますが、子どもの頻度が圧倒的です。大人では片側性のことがありますが、子ども大半が両側性です。放置すると鼓膜が陥没したり、萎縮したり、取り返しのつかない変化が起こることがあるので、適切な治療が必要です。症状の主体は難聴ですが、乳幼児では訴えが少なく、返事が悪...

症状の主体は難聴ですが、乳幼児では訴えが少なく、返事が悪くなったり、テレビの音を大きくしているなどの症状から、まわりの大人が気がつくことが多いようです。大人では、難聴以外に、耳が詰まる、声が響く、頭が重いなどを訴えます。

診断は、顕微鏡で鼓膜を観察すれば容易です。一般に鼓膜は陥没していることが多く、中耳の貯留液が認められます。そのほか、聴力検査、鼓膜の可動性をみるティンパノメトリーなどが行われます。また、耳のX線やCT検査が行われることもあります。子どもでは、中耳周囲の空間の発達がよい場合は、治療経過もよいので、治療法を選択する際には参考になります。学齢期までには90%...

子どもでは、中耳炎が長引いて起こることが大部分です。背景に、耳管の機能不全による中耳換気障害が存在します。アデノイド肥大や口蓋裂、粘膜下口蓋裂など、はっきりした原因が認められる割合は多くありません。大人では、まれに上咽頭がんの初発症状である場合もあるので、片側のみで治療しても効果のない場合は注意を要します。

関連ワード

「滲出性中耳炎」に関するQ&A

3,129件

「滲出性中耳炎」に関するQ&Aをもっと見る

「滲出性中耳炎 耳鼻科」に関するQ&A

1,806件

「滲出性中耳炎 耳鼻科」に関するQ&Aをもっと見る