気管支喘息

5,651件

発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す疾患で、慢性的な炎症気道に起こり、気道の過敏性が亢進することがその原因と考えられています。抗原の吸入、運動、感染、ストレスなどが喘息発作の引き金になります。吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を中心とした長期の抗炎症治療が必要となります。空気の通り道の気管や気管支が急につまって息苦しくなり、呼吸のたびにゼーゼー、ヒ...

喘息発作は夜間から明け方にかけて起こることが多いようです。初めはのどがつまる感じがあり、やがて喘鳴がおこり、呼吸が苦しくなってきます。呼吸困難がひどくなると、横になっていられなくなり、前かがみに座って呼吸しなければならなくなります。呼吸困難がしばらく続いたあと、咳や痰が出ます。咳はいわゆる空咳で、呼吸をさらに苦しくさせます。痰は透明で粘りけが強く、なか...

発作性の呼吸困難や喘鳴、咳が、とくに夜間から明け方に出現するか否かで珍断されます。気道過敏性や気道可逆性、アトピーの存在、痰のなかの好酸球の存在は、喘息診断の補助になります。また、がんや結核などで気道が狭くなったり、心不全でも喘鳴が聞かれるので、これらの病気がないことを確認します。現在は、日本独自の喘息予防管理ガイドラインがつくられていて、喘息の重症度...

さまざまな説があり、代表的なものとしてアレルギー説、感染説、自律神経失調説、精神身体要因説などがあります。はっきりした原因は現時点でもわかっていませんが、近年、喘息症状の原因気道炎症と考えられるようになりました。患者さんの気道の粘膜には、好酸球、Tリンパ球、肥満細胞を中心とした炎症細胞が集まっており、これらによって気道炎症が起こっています。気道に...

関連ワード

「気管支喘息」に関するQ&A

5,651件

「気管支喘息」に関するQ&Aをもっと見る

「気管支喘息 アレルギー」に関するQ&A

754件

「気管支喘息 アレルギー」に関するQ&Aをもっと見る