毒キノコ中毒

6件

アウトドア志向で野生のキノコをとって食べる人が増えていますが、食用キノコによく似た毒キノコがいろいろとあるので、食べる前には必ず毒キノコかどうかを正確に見極め、不十分な知識で判断しないよう心がけてください。キノコ狩りをする人は、毒キノコに関する知識を日頃から身につけておくことが大切です。専門家にたずねるほか、表1に示すホームページを利用するとよいでしょ...

(1)消化器系障害日本で発生したキノコ中毒の70%は、胃腸障害を引き起こすクサウラベニタケ、ツキヨタケ、カキシメジ、ニガクリタケ、イッポンシメジなどによるものです。30分~3時間後に吐き気、腹痛、嘔吐が現れ、腹痛に続いて水様便、時に血便が激しく出ます。(2)強い肝・腎臓障害(アマニタトキシン症候群)死亡する症例の90%以上は、ドクツルタケ(とくに多い)...

食事後、中毒症状が現れた時はただちに受診(内科、救命救急センター)してください。問診(キノコの外観、採集場所、調理前の処理、調理法、食べた量)と、食べ物の残り、調理屑、吐物、便などの検査によって毒キノコの種類を調べます。基本的な処置として、水分および電解質液を補給しながら、催吐、胃洗浄、吸着剤(活性炭)の投与などで早期に除毒します。短時間に現れた消化器...

関連ワード

「毒キノコ中毒」に関するQ&A

4件

「毒キノコ中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「毒キノコ中毒 毒キノコ」に関するQ&A

3件

「毒キノコ中毒 毒キノコ」に関するQ&Aをもっと見る