歯性上顎洞炎

209件

むし歯歯周炎歯槽膿漏)からの炎症が上顎洞に入り上顎洞炎を起こすことがあります。これを歯性上顎洞炎といいます。元来、上顎洞は歯と隣り合っているので、むし歯治療せずに放置していると、歯性上顎洞炎になることがあります。急性に起こる場合と慢性に起こる場合があります。急性の場合には、歯の痛みに続いて、突然悪臭の強い膿性の鼻汁や頬部痛が現れます。慢性の場合に...

急性に起こる場合と慢性に起こる場合があります。急性の場合には、歯の痛みに続いて、突然悪臭の強い膿性の鼻汁や頬部痛が現れます。慢性の場合には、歯の痛みは比較的少ないです。通常片側に起こります。

上の歯、とくに第一大臼歯、第二小臼歯、第二大臼歯にむし歯があって、その歯を軽く叩くと痛みや違和感がある場合に疑われます。また鼻のなかには膿性の鼻汁が認められます。さらに単純X線検査で上顎洞に陰影があれば、ほぼ間違いないでしょう。確定には、オルソパントモや口内法でX線検査を行う必要があります。上顎洞炎の治療むし歯治療をいっしょに行う必要があります。上...

むし歯歯周炎を長い間治療せずに放置していると、細菌が上顎洞に入り炎症を起こします。黄色ブドウ球菌が最も多く、連鎖球菌や大腸菌などでも起こります。歯では第一大臼歯が最も原因になりやすく、次いで第二小臼歯、第二大臼歯の順です。したがって、これらの歯がむし歯の時には要注意です。

関連ワード

「歯性上顎洞炎」に関するQ&A

209件

「歯性上顎洞炎」に関するQ&Aをもっと見る

「歯性上顎洞炎 蓄膿症」に関するQ&A

54件

「歯性上顎洞炎 蓄膿症」に関するQ&Aをもっと見る