歯周膿瘍

10件

歯周膿瘍とは、歯周ポケットの入口が何らかの原因で閉鎖され、膿瘍が形成された状態をいいます(図39)。膿瘍内の圧力が高くなっているので、腫脹(はれ)、圧痛(押すと痛い)、自発痛を伴います。経過により、急性と慢性に分けられます。重度になると歯が浮いたり、歯の揺れが大きくなり、噛むと痛みが著しくなり、発熱や、あごや首のまわりリンパ節がはれることもあります。...

膿瘍内の圧力が高くなっているので、腫脹(はれ)、圧痛(押すと痛い)、自発痛を伴います。経過により、急性と慢性に分けられます。重度になると歯が浮いたり、歯の揺れが大きくなり、噛むと痛みが著しくなり、発熱や、あごや首のまわりリンパ節がはれることもあります。歯の根のにできる膿瘍との区別が不可欠ですが、歯のなか(神経)の病気を合併していることもあるので、歯...

膿瘍部を指で触れてみて、ぶよぶよしている感じがある場合は、切開してうみを出し、膿瘍の内圧を軽減し、痛みを和らげます。ポケットの入口がわかるときは、ここからうみを出すこともできます。次いで、ポケット内および膿瘍腔内を生理食塩水や消毒薬などで十分に洗浄します。また抗生剤や、必要に応じて消炎薬や鎮痛薬を投与します。全身投与に用いる使用頻度の高い抗生剤は、テト...

関連ワード

「歯周膿瘍」に関するQ&A

10件

「歯周膿瘍」に関するQ&Aをもっと見る

「歯周膿瘍 歯医者」に関するQ&A

6件

「歯周膿瘍 歯医者」に関するQ&Aをもっと見る