歯周炎

1,123件

歯肉炎から歯周炎に進行すると考えられています。歯周炎になると、歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜、図30)が徐々に破壊されます。歯肉に炎症がみられることはいうまでもありませんが、歯と歯周組織を連結している付着機構(歯肉‐セメント質およびセメント質‐歯根膜‐歯槽骨)が壊れ、次第に歯槽骨も吸収します。歯肉ポケットは、歯周ポケット(真性ポケットともい...

病変が進行すると、歯がぐらぐら揺れ始め、食べ物が噛みにくくなり、噛み合わせると痛みが出ることもあります。うみの袋ができて、痛みが激しくなったり、よくはれたり、出血しやすくなり、口臭を伴うなどの症状が顕著になってきます。重症になると歯を保つことができなくなり、抜くことになります(図33)。

歯周炎の原因は、歯肉炎と同様に口腔常在菌がつくるプラークですが、歯周炎の病気の型によって、ある種の特定の細菌(歯周病原細菌)が関係しています(表2)。これらの細菌の多くは、空気を嫌う性質があるので、歯肉の上よりも歯周ポケット内のほうが定着・増殖するのに適した環境になります。したがって、歯周炎の治療も、プラークコントロールを基盤としたものになりますが、ス...

関連ワード

「歯周炎」に関するQ&A

1,118件

「歯周炎」に関するQ&Aをもっと見る

「歯周炎 歯肉炎」に関するQ&A

382件

「歯周炎 歯肉炎」に関するQ&Aをもっと見る