本態性高血圧

353件

高血圧の患者さんの全体の約90%が本態性高血圧です。血液検査、さまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性高血圧が否定されると、本態性高血圧という診断になります。本態性高血圧のなかでも、高齢者では加齢により動脈自体が柔軟性を失ってくるために最高(収縮期)血圧が上昇し、最低(拡張期)血圧がむしろ低下する収縮期高血圧がみられるようになります。したが...

前項で説明したように、本態性高血圧に特徴的な症状はありませんが、頭痛、頭重感、肩こり、倦怠感などさまざまな症状を訴えることがあります。とくに、高血圧発症の早期にこれら不定愁訴のような症状を訴えることが多いようです。ただし、このような症状を訴えて受診して、高血圧と診断されることは少なく、無症状ながら健診や他の疾患で受診して偶然発見されることが多くみられま...

高血圧の早期発見には、正確な血圧測定が必要なことはいうまでもありません。診察室で、水銀血圧計を使って、決められた方法で測定された血圧値が用いられます。最高血圧で140mmHg以上、あるいは最低血圧で90mmHg以上、または降圧薬を服用している人が高血圧と定義されます。さらに、二次性高血圧が否定されると本態性高血圧と診断されます。診断がつくと、次に高血圧...

原因不明の高血圧を本態性高血圧と呼んでいますが、その発症には遺伝因子と環境因子が関係すると考えられています。遺伝因子として、現在までに多くの遺伝子が候補としてあげられていますが、単一の遺伝子のみで発症するものではありません。また、候補遺伝子があるだけで発症するのではなく、食塩のとりすぎ、アルコールの飲みすぎ、肥満、ストレスなどの環境因子が相互に関連し合...

関連ワード

「本態性高血圧」に関するQ&A

353件

「本態性高血圧」に関するQ&Aをもっと見る

「本態性高血圧 高血圧」に関するQ&A

181件

「本態性高血圧 高血圧」に関するQ&Aをもっと見る