未熟児網膜症

239件

未熟児に起こる網膜血管病変です。重症例では、網膜剥離を起こして失明に至ることもあります。未熟児の医学的管理が向上したため、一時期に比べれば減少しているようです。網膜血管が達していない部分を無血管帯といいますが、無血管帯との境目に血管の異常な増殖が起こります。多くの場合、それは自然に解消して再び血管は周辺部へと延びていきます。しかし、時には線維血管増殖へ...

網膜血管が達していない部分を無血管帯といいますが、無血管帯との境目に血管の異常な増殖が起こります。多くの場合、それは自然に解消して再び血管は周辺部へと延びていきます。しかし、時には線維血管増殖へと発展し、やがてそれが収縮すると網膜(とくに黄斑部)が引っ張られたり、網膜剥離になったりして重症化します。未熟児網膜症は活動期瘢痕期に分けられます。線維血管増...

未熟児で生まれると、普通は眼底検査を定期的に行います。期間は在胎週数に換算して29週ないし生後3週ころから、もう危険がないと判断されるまでです。初期には、血管の延び具合(無血管帯の広さ)、怒張(ふくれる)の程度などで、危険の度合いが判断できます。活動期には頻繁に眼底検査を行い、治療の要否、治療のタイミングを計ります。活動期には網膜光凝固術(コラム)、冷...

根本的な原因は、網膜血管の未発達性にあります。網膜の血管は、胎内での発達期に視神経から眼底周辺部へと延びていき、正常な満期産の出生時にはほぼ眼底周辺部に達します。しかし、未熟児で生まれると、網膜血管の発達は道半ばで周辺までは達していません。それにさまざまな条件が加わることにより、網膜血管が正常な発達を逸脱して網膜症が発症します。在胎週数、出生体重が少な...

関連ワード

「未熟児網膜症」に関するQ&A

239件

「未熟児網膜症」に関するQ&Aをもっと見る

「未熟児網膜症 未熟児」に関するQ&A

64件

「未熟児網膜症 未熟児」に関するQ&Aをもっと見る