期外収縮

2,021件

期外収縮は、もともとの調律(タイミング)で心拍が生じると予想される時期より早期に生じる電気的な興奮のことを指します。そのため、余分な心拍が現れます。心房あるいは房室接合部から生じる期外収縮を上室期外収縮といい、ヒス束(刺激を伝える筋線維)より下部の心室から生じる期外収縮を心室期外収縮といいます。期外収縮自体は放っておいてもよい不整脈ですが、期外収縮が引...

期外収縮の症状はさまざまで、患者さんの感受性によって強弱も違います。どきっとする、くーとする、もやもやするなどと表現されます。そのような症状を自覚する時に脈をみると、脈が抜けていることで期外収縮と判断されることが多いようです。上室期外収縮心室期外収縮とでは、自覚症状の差はありません。自覚症状強弱は、先行する心拍のあと、どのくらいの時間(連結期)で期...

正確な診断は心電図で行います。上室期外収縮は、洞調律あるいは基本調律のQRS波とほぼ同一のQRS波が早期に現れます。よくみると先行T波の前後に異所性P波が見つかります。心室期外収縮は、洞調律の時とはまったく違うQRS波形を示し、先行するP波がなく、洞調律の周期より早期に現れます。検査は期外収縮の出現頻度と出現形態をみるために、ホルター心電図を行います。...

自律神経の異常によって起こることが多いようですが、原因がはっきりしないこともあります。病的な心臓だけでなく健常な人にも生じます。アルコールの飲みすぎ、睡眠不足、疲労、ストレスなどが誘因になります。生理学的には、大部分の期外収縮は自動能亢進で生じ、僧帽弁や肺静脈などの発生組織によっては激発活動で生じると考えられています。また、場合によっては回帰収縮(リエ...

関連ワード

「期外収縮」に関するQ&A

2,021件

「期外収縮」に関するQ&Aをもっと見る

「期外収縮 不整脈」に関するQ&A

1,260件

「期外収縮 不整脈」に関するQ&Aをもっと見る