日本住血吸虫症

25件

日本住血吸虫という寄生虫と、その卵によって起こる病気です。日本住血吸虫は、中国、フィリピン、インドネシアなど東南アジアに広く棲息しています。本症は、かつて甲府盆地、利根川流域、広島県片山地方、筑後川流域などに広く分布していましたが、現在では中間宿主であるミヤイリガイの撲滅により新しい感染の報告はありません。しかし、日本住血吸虫の感染の既往歴のある患者さ...

感染後、2~3週の潜伏期をへて倦怠感、食欲不振、腹部違和感などの初発症状が現れます。侵入したセルカリアの数、発育の差、産卵の部位などにより症状は異なります。感染後4週ほどで、粘血便や腹痛などの急性腸炎を示す消化器症状のほか、高度の貧血を伴う急性腎炎の症状や呼吸器症状などが現れることがあります。感染を繰り返し、慢性に経過した場合には、肝表面は亀甲状の特有...

日本住血吸虫症の診断は、糞便中に虫卵を確認することによってなされます。また、血清診断によってもなされます。現在の日本の患者さんの多くは、過去に感染しているので、肝臓の炎症はなくなり、古くなった虫卵は石灰化しています。超音波検査やCTでは、特徴的な亀甲状あるいは網目状を示し、石灰化した虫卵と線維化を反映する所見がみられます。吸虫駆除薬のプラジカンテルの内...

日本住血吸虫の感染は、中間宿主ミヤイリガイの体内で形成された幼虫セルカリアが皮膚から侵入することによって生じます。セルカリアは、血液やリンパを介して門脈系に達し、成虫となって門脈に棲息し、産卵します。虫卵は門脈血によって運ばれますが、肝内の細い末梢門脈枝を通過できないので、門脈枝をふさいでしまいます(図13)。虫卵が病気を起こす作用は単一なものではなく...

関連ワード