日射病

2,173件

長時間、高温多湿環境にさらされることによって発生する全身性の温熱障害で、熱中症と呼ばれています。熱中症には、体温の上昇を伴わない熱虚脱熱けいれんと、体温の上昇を伴う熱射病(日射病)があります。いずれも、基本的病態は同一で、熱による皮膚温の上昇が誘因となります(図8)。(1)熱虚脱最も多くみられる熱中症です。頭重感、頭痛吐き気、倦怠感、脱力感などで発...

(1)熱虚脱最も多くみられる熱中症です。頭重感、頭痛吐き気、倦怠感、脱力感などで発症し、進行すると、脳血流の減少によるめまいや耳鳴り、血圧の低下による顔面蒼白や冷汗などが現れます。さらに、意識喪失がみられることもあります。通常、体温の上昇はみられません。(2)熱けいれん塩分を補給せず水分だけを補給した場合に、低ナトリウム血症が増強(水中毒の状態)され...

検査が必要になるのは、熱中症のなかでも熱射病(日射病)です。熱射病では、病態の把握と重症度の判定のために次のような検査が必要になります。胸部X線検査(肺水腫の検索)、頭部CT検査(脳浮腫の検索)、血清AST、ALT、LDHの測定(肝障害時には上昇)、血清尿素窒素・クレアチニン濃度の測定(腎障害時には上昇)、血清CPKの測定(筋融解時には上昇)、血小板数...

長時間、高温多湿環境にさらされることが原因です。乳幼児や高齢者、不眠・疲労・脱水・基礎疾患(高血圧、糖尿病、心疾患、アルコール中毒、貧血、甲状腺疾患、慢性閉塞性肺疾患など)がある人では、熱中症が発生しやすくなります。

関連ワード