放射線皮膚炎

4件

放射線照射による皮膚障害です。短期間に過度の放射線を浴びて起こる急性放射線皮膚炎と、少量の放射線を繰り返して浴びたために起こる慢性放射性皮膚炎があります。通常は起こりませんが、悪性腫瘍の治療時や放射線被曝の事故、または仕事で少量の放射線を繰り返し被曝することにより発症します。放射線は細胞のDNAを傷害し、細胞分裂に対して強い影響を及ぼします。放射線には...

放射線は細胞のDNAを傷害し、細胞分裂に対して強い影響を及ぼします。放射線には数種類の性質の異なるものがあり、このため被曝による症状の強さは放射線の種類、強さ、被曝時間などによって異なります。しかし、放射線の種類を問わず、皮膚症状としては同様のものが現れます。短期間に大量に被曝したために起こる急性放射線皮膚炎では、重症度によって現れる症状は異なります。...

慢性放射線皮膚炎による皮膚がんを除外診断するために、皮膚を採取して病理組織検査をする必要があります。急性の放射線皮膚炎は、すぐに医師の診察と治療が必要です。また慢性放射線皮膚炎では、慢性的に放射線に被曝していないかどうかのチェックが必要です。

関連ワード

「放射線皮膚炎」に関するQ&A

4件

「放射線皮膚炎」に関するQ&Aをもっと見る