掌蹠角化症

27件

掌蹠(手のひらと足の裏)の過角化を主症状とする疾患群です。掌蹠角化症には、先天性素因によって生じる先天性掌蹠角化症と、後天性掌蹠角化症があります。しかし、この両者を臨床所見のみで区別することは困難なことが多く、区別するには発症年齢、家族の病歴、職業歴、詳細な臨床所見の観察などが必要になります。一般に、掌蹠角化症という場合は先天性のものを指します。代表的...

掌蹠の角質が肥厚します(図23)。

病変部位の病理組織学的検査では、フェルネル型では掌蹠の皮膚に顆粒変性が認められます。亜型ボーウィンケル症候群の表皮では、角層細胞に核が残っています。ヒ素角化症、進行性手掌角皮症、毛孔性紅色粃糠疹、更年期角化症などとの区別も重要です。(1)10%サリチル酸ワセリンを1日2~3回患部に塗り、鱗屑の除去に努めます。(2)レチノイド(チガソン10mg)4カプセ...

原因遺伝子が判明している型と、まだわかっていない型があります(表1)。

関連ワード

「掌蹠角化症」に関するQ&A

27件

「掌蹠角化症」に関するQ&Aをもっと見る

「掌蹠角化症 ケラチナミン」に関するQ&A

2件

「掌蹠角化症 ケラチナミン」に関するQ&Aをもっと見る