手足口病

7,028件

夏かぜの一種で発熱口内炎手足水疱発疹特徴です。急に38℃台の発熱があり、続いて口の痛み、よだれ、食欲低下、手足発疹がみられるようになります。発疹は3~5mmの丘疹性紅斑に2~3mmの楕円形の水疱を伴い、手のひら、手の甲、足底、足の甲、膝伸側部、臀部などに現れます。熱は2~3日で下がり、発疹も3~4日で水疱が吸収され、アメ色に変化して治ります...

急に38℃台の発熱があり、続いて口の痛み、よだれ、食欲低下、手足発疹がみられるようになります。発疹は3~5mmの丘疹性紅斑に2~3mmの楕円形の水疱を伴い、手のひら、手の甲、足底、足の甲、膝伸側部、臀部などに現れます。熱は2~3日で下がり、発疹も3~4日で水疱が吸収され、アメ色に変化して治ります。よくみられる発疹性疾患の特徴を表19に示しました。

症状で簡単に診断できます。発疹は体幹にも出ることがありますが、みずぼうそうと異なり手足が主体で、水疱は化膿せず、大きなかさぶたもできません。単純ヘルペスは局所的に集まり、左右対称的になることはありませんし、水疱は大きく、中央にくぼみがみられます。口のなかはヘルパンギーナと異なり臼歯より前部の頬粘膜、口唇内側、舌にも出ますが、ヘルペス性歯肉口内炎のような...

夏かぜウイルスの仲間のコクサッキーウイルスA‐16、A‐10、エンテロウイルス71などが主な原因です。飛沫、あるいは接触で感染し、潜伏期間は3~6日間です。

関連ワード

「手足口病」に関するQ&A

7,028件

「手足口病」に関するQ&Aをもっと見る

「手足口病 小児科」に関するQ&A

1,011件

「手足口病 小児科」に関するQ&Aをもっと見る