手根管症候群

1,934件

正中神経はたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内)、手首、手指の屈曲、親指を手の平と垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をつける運動(母指対立)などです。知覚神経は親指、人差し指、中指の全部と薬指の親指側半分手のひら側と、親指側半分手のひらです。正中神経手首部にある手根管という狭いトンネルを通り抜ける構造になっており、周囲三方向を骨の...

正中神経が支配する筋の麻痺と萎縮、正中神経の支配領域の感覚異常により診断されます。神経伝導検査と筋電図検査を行うことで、障害の程度や正確な障害部位が評価できます。ほとんどの場合は安静で治癒します。タイピングや針仕事など手先を使うことを制限することが大切です。整形外科などで手首を固定するサポータを処方してもらい、仕事中や睡眠中に装着すると効果がある場合が...

関連ワード

「手根管症候群」に関するQ&A

1,934件

「手根管症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「手根管症候群 手術」に関するQ&A

205件

「手根管症候群 手術」に関するQ&Aをもっと見る

「手根管症候群」が多く含まれるカテゴリは?