慢性硬膜下血腫

975件

頭蓋骨内側で脳を包んでいる硬膜と脳の間に、徐々に血がたまって血腫になったものです(コラム頭部の解剖図)。中高齢者(おおむね50~60歳以上)に多い特徴があります。契機となる頭部外傷の直後は無症状か頭痛程度の症状しかないことが多く、このため、病院を受診しない人がほとんどです。このあと通常は3週間~数カ月かけて血腫がつくられて、頭蓋骨内側の圧が高まり(...

契機となる頭部外傷の直後は無症状か頭痛程度の症状しかないことが多く、このため、病院を受診しない人がほとんどです。このあと通常は3週間~数カ月かけて血腫がつくられて、頭蓋骨内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進)、頭痛や吐き気・嘔吐が現れます。また、血腫による脳の圧迫症状として半身の麻痺(片麻痺)、言語障害などが初発症状のこともあります。軽度の意識障害として、...

きっかけになる頭部外傷の直後では、頭部CTで異常が認められないことがほとんどです。症状が現れれば血腫によって脳が圧迫されているので、CTで診断されます。血腫はCTで白く映ります(高吸収域)。慢性の血腫では血液濃度が薄い場合があり、CTでは灰色(等吸収域)あるいは黒く(低吸収域)映ることもあります。また、慢性の血腫はMRIで特徴的な所見を示すので、頭部M...

軽微な頭部打撲をきっかけにして、脳の表面(脳表)に微量の出血あるいは脳脊髄液がたまって、その反応でつくられる膜から少しずつ出血が繰り返され、血腫が大きくなると考えられています。きっかけになる頭部外傷がはっきりしないこともまれではありません。

関連ワード

「慢性硬膜下血腫」に関するQ&A

975件

「慢性硬膜下血腫」に関するQ&Aをもっと見る

「慢性硬膜下血腫 脳神経外科」に関するQ&A

171件

「慢性硬膜下血腫 脳神経外科」に関するQ&Aをもっと見る