慢性便秘

356件

大腸は、上部消化管で消化・吸収を受けたあとの残渣の処理と排泄を行う器管です。盲腸と上行結腸で、液状の内容物から小腸で吸収されなかった水分と電解質を吸収し、横行結腸、下行結腸へと送られ徐々に固形化されていきます。内容物の移送時間は食べた物の性状、腸管の運動や吸収機能、精神状態などで異なりますが、盲腸には4~6時間、S状結腸には12~16時間で達し、排便は...

個人差が強く、一般的には腹部膨満感、腹痛、腹鳴、食欲不振などです。

器質的障害による便秘を区別するために、血液検査、腹部単純X線検査、大腸内視鏡検査や大腸X線検査が必要です。便秘の原因になりえる疾患は、習慣性の便秘以外に、大腸の腫瘍や炎症、狭窄、向精神薬などの薬剤性、過敏性腸症候群、移動盲腸、先天性巨大結腸症、脳や神経の病気、内分泌の異常などさまざまで、便秘の機序(仕組み)も異なり、原疾患の治療が必要です。機能性便秘の...

便秘の原因は一般的に、機能性便秘(弛緩性便秘とけいれん性便秘がある)と器質的障害による便秘(大腸の腫瘍や炎症など)とに分けられます。弛緩性便秘は、腸管の緊張や運動の低下で、大腸での通過時間が延びることによって起こります。けいれん性便秘は、左側の大腸の緊張が強いために右側の大腸の通過時間が延びることによって起こり、便秘型の過敏性腸症候群が代表的な疾患です...

関連ワード

「慢性便秘」に関するQ&A

356件

「慢性便秘」に関するQ&Aをもっと見る

「慢性便秘 便秘薬」に関するQ&A

66件

「慢性便秘 便秘薬」に関するQ&Aをもっと見る