慢性リンパ性白血病

71件

比較的成熟した小型リンパ球が増加し、末梢血白血球数の増加とリンパ節の腫脹を来す病気です。欧米では全白血病の約30%を占めますが、日本では約2~3%で比較的まれです。高齢者、また男性に多いとされています。B細胞性の場合とT細胞性の場合がありますが、多くはB細胞性です。血液内科専門医の診察を受け、指示を受けてください。経過中、正常リンパ球やガンマグロブリン...

リンパ節腫脹や脾腫(脾臓のはれ)などがみられることで診断され、この時には末梢血白血球も著しく増えています。ただし25%の人は無症状であり、検診などで偶然見つかることがあります。病期分類としてRAI分類がしばしば用いられ、次のように分けられます。0期:リンパ球増加のみ1期:0期にリンパ節腫脹を伴う時期2期:さらに脾腫、肝腫を伴う時期3期:それらに貧血を伴...

原因は不明です。環境因子の影響、遺伝的要因、免疫学的異常などが一部関与していると考えられます。

関連ワード

「慢性リンパ性白血病」に関するQ&A

71件

「慢性リンパ性白血病」に関するQ&Aをもっと見る