悪性リンパ腫

4,294件

全身に広がっているリンパ組織内の細胞が悪性化し、次第に全身の臓器を侵していく病気です。ホジキンリンパ腫(ホジキンという人が最初に報告した)と、それ以外の非ホジキンリンパ腫に大別されますが、互いに似た経過をたどります。人口10万人に対して1年間に男性約9人、女性約6人の割合で発生します。非ホジキンリンパ腫の場合、50代から次第に増加します。これに対しホジ...

しばしばリンパ節腫脹から始まります。痛みがないため、気がついた時にはかなり大きくなり、また複数部位のリンパ節が同時に腫大してくることもあります。なお、日本人の場合、リンパ節腫脹以外で起こるリンパ腫(節外性リンパ腫)の形で発症するものが40%ほど存在します。リンパ節以外の全身ほぼすべての臓器から発生する可能性がありますが、日本人では胃から起こる症例が多い...

検査値の異常として貧血(正球性・正色素性が多い)や白血球数の増加(好中球や好酸球)、赤沈の亢進、血清LDH値の上昇などがあげられます。また、血清β2ミクログロブリン値や血清可溶性IL(インターロイキン)‐2受容体の値は、病気の勢いと相関することが知られています。診断上最も重要なのは、病変を手術によって切り取り、顕微鏡で組織学的に検査することです(生検)...

白血病と同様に、化学物質・放射線などさまざまな因子が関連していると考えられています。最近、病原体の関与が推測されており、一部の非ホジキンリンパ腫(バーキットリンパ腫、鼻腔原発NK細胞性リンパ腫など)では、EBウイルス感染が関与していると考えられています。また、胃のMALTリンパ腫では、ヘリコバクター・ピロリ菌が発症に関与しています。このほか、ヒトヘルペ...

関連ワード

「悪性リンパ腫」に関するQ&A

4,294件

「悪性リンパ腫」に関するQ&Aをもっと見る