急性精巣上体炎

13件

精巣(睾丸)の横には精巣上体(副睾丸)と呼ばれる小さい器官が付着していて、精巣でつくられた精子はここを通過します。精巣上体から精管と呼ばれる管が精嚢腺と前立腺につながり、そこで分泌された精液といっしょになって尿道に出ていくのが射精です。ところが、この逆の経路で尿のなかの細菌が精巣上体に入り込み、そこで炎症を起こす病気が精巣上体炎です。陰嚢内の精巣上体の...

陰嚢内の精巣上体の一部の軽い痛みで始まります。自覚症状としては精巣そのものの痛みのように感じるかもしれません。徐々に陰嚢全体に痛みが広がり、陰嚢が硬くはれあがり、赤みを帯びてきます。鼠径部(大腿の付け根)や下腹部の痛みを感じることもありますが、これは精管に沿って炎症が広がっているためです。はれているところを圧迫すると強い痛みを感じ、38℃以上の発熱を伴...

尿検査で尿中の白血球や細菌を検出します。クラミジアが疑われる場合も尿で検査できます。細菌については、その種類とどのような抗生剤が効くかを同時に調べますが、細菌が検出されないこともしばしばあります。また、全身への影響をみるため、血液検査で炎症反応などをチェックします。精索捻転症精巣腫瘍との区別が難しい場合もあるので、早めに泌尿器科を受診するほうがよいで...

通常、尿には炎症を起こすほどの細菌はいません。しかし、前立腺肥大症、尿道狭窄、膀胱結石などの疾患があると、尿は汚れて細菌が増殖しますから、精巣上体炎を起こしやすくなります。これらは高齢者に多く、大腸菌などの一般的な細菌が原因です。一方、青年層にみられる場合は、性病のひとつである尿道炎から引き起こされます。尿道炎の原因であるクラミジアや淋菌が精巣上体に至...

関連ワード

「急性精巣上体炎」に関するQ&A

13件

「急性精巣上体炎」に関するQ&Aをもっと見る

「急性精巣上体炎 睾丸」に関するQ&A

9件

「急性精巣上体炎 睾丸」に関するQ&Aをもっと見る

「急性精巣上体炎」が多く含まれるカテゴリは?